Dear Japanese SCM experts,

Japanese corporations have a long tradition of leadership in efficient supply chain management. My team has a long history of working with many of the leading corporations in Japan to support their journey towards the digitization in the areas such as demand and supply planning. The last few years, all of us have witnessed an unprecedented increase in operational complexity and volatility. Planning processes need to operate at the next level.

It is my great pleasure to introduce o9 Solutions to Japan. o9 is the SCM solution company I founded together with Chakri Gottemukkla in 2009, which inherits the key values from i2 — deliver innovative solutions that allow you to plan and execute efficiently in a complex and rapidly changing operating environment. We strongly believe that organizations with superior decision-making processes are better stewards of the Earth’s precious resources, and are more inspiring, happier places for employees. Making it happen is our mission.

This year, we are starting our Asia-Pacific operation in Japan as Japan has always been a pioneer and pathfinder for manufacturing industries. It has been our great honor to work together with Japanese customers for SCM innovations. We are committed to working as one team with Japanese customers for building up the next generation SCM practices.

As we launched o9, we spent significant time in reviewing the challenges faced by the existing SCM solutions. Based on these leanings, it took us 4-5 years to develop the next generation planning platform. Using the latest AI and other technologies, we now have a solution that can deliver twice the value in half the time. In addition to having the next generation solution, we gathered the top SCM experts to create great results for you. We have assigned experienced ex-i2ers, with more than 20 years of experience in SCM — Hae-Goo Song, Kenji Harada and John Otsuki — for Japan.

I look forward to meeting with you personally in Japan soon.

 

Best Regards,

Sanjiv Sidhu
Chairman

Gartnerはo9 Solutionsのビジョンと実行力を高く評価



Gartnerはo9 Solutionsのビジョンと実行力を高く評価

2017年Gartner ”Magic Quadrant for S&OP Systems of Differentiation”で、掲げるビジョンの先進性実行力の双方を兼ね備えた存在との評価

Gartner “Magic Quadrant for Sales and Operations Planning Systems of Differentiation”、Tim Payne著、2017年5月1日。GartnerはGartner Researchの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。Gartner Researchの発行物は、 Gartner Researchの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

計画とオペレーションをデジタル化するメリットとは?

計画とオペレーションをデジタル化するメリットとは?

もし貴方が戦闘指揮官だった場合、以下のどちらを選びますか?“100人の兵士”? それとも”インテリジェントシステムを用いてい常に変化する戦場をリアルタイムに分析できるアナリスト2、3人によって支援された80人の兵士”?o9 AIソリューションは、限られたリソースで業績目標を達成する為の効率性向上を強力にサポートします。

ビジネスケース

グローバル消費財企業では、計画・オペレーションのデジタル化により、1500万ドルに上る営業利益増加を成し遂げています。

ファイナンシャルKPI

売上
粗利益率
営業利益
運営資金

オペレーションKPI

速やかな新製品投入
マーケティング効率の強化
販促効率の強化
サービスレベルの向上
従業員の生産性向上
原価削減
在庫削減

新たな可能性の創出

リスクと機会の早期検知
スマートなリソース配分
イニシアチブ間連携
ANALYTICSベース予測
リアルタイム需要・供給マッチング
計画アカウンタビリティ
オペレーションのためのデジタルSystems of Engament

デジタルビジネス社会に即応する、計画とオペレーションのアップグレードが必要ではありませんか?

デジタルビジネス社会に即応する、計画とオペレーションのアップグレードが必要ではありませんか?

ビジネス変革実現に向けた最先端ソリューションデモを是非ご覧ください。

*

*

Email*

電話番号